野外ポスター展 2011 “KIZUNA”


昨日開幕した『はなはるフェスタ2011』も残すは今日23日と明日24日の2日間となりました。
今年は僕も野外ポスター展に出展。例年の“観る側”から“参加する側”として関わる事が出来ました。

14回目となる今年の『はなはるフェスタ』は東日本大震災の復興支援を目的に開催されています。 
野外ポスター展でもテーマを“KIZUNA”(絆)とし復興を支援するチャリティイベントとして開催。 
僕も今年はそうした主旨に賛同して県内のクリエイター有志として参加をさせて頂きました。 

自分たちの出来ることを形にする、発信する、行動するということは大事なことだと思います。 
 

先日テレビでこんな言葉を耳にしました。 

眼は臆病で手は鬼になる

三陸の漁師町に昔から伝えられている言葉だそうです。 

目で見ると怯えて不可能に思えてしまうことも、手を動かして前へ進むことで可能になる。 
ただ見ているだけでは何も解決しないし、頭で考えているだけでも何も変わらない。 
とにかく手を動かすこと、発信してみること、行動してみることで、何かが変わる。 

自らを変えていくことできっと周りにも変化が生まれるはず。 
他人を変えるよりも自分を変えることの方がずっと簡単なはずですから。 


さて、今日と明日、お時間のある方は『はなはるフェスタ』に出かけられたその足で、
ぜひボードウォークの野外ポスター展へも足を運んでみてください。