平成とデザイン

 

仕事ってひとつのスペースが空くと、不思議なもので

その空いたスペースがまた埋まって新しい仕事がはじまります。

重なる時は重なるよね、という “あるある” もありますが

このサイクルもまた実体験として “あるある” だと感じています。

 

ただこれまでのこの循環は受動的で、

大きく器や仕組みが変わることはありません。

今、取り組んでいることは能動的に、自分が思い描いている

ビジョンに沿って意図したスペースを空けるということです。

 

仕事を絞り込んで質を高めることを目的に、

取り組み方を変えていくということです。

 

必然的に、これまでお引き受けしてきた仕事も

お断りをしなくてはいけなくなると思います。

必要だと感じてお声がけいただいていると思うと

心苦しい気持ちはもちろんありますが

もう一段階ステップアップしてフィードバックするために

勇気を持って取り組みはじめています。

 

 

 

2月15日(金)・16日(土)・17日(日)の3日間、

文化の森近代美術館ギャラリーにて

JAGDA徳島の企画展「平成MY BEST DESIGN」が開催されます。

 

僕も会員の一人として3枚のパネル展示で参加しています。

 

「マイベストデザイン」というテーマではありますが

僕としては独立後に携わった仕事の “幅” を見ていただくことで

自分の中の平成デザイン史のまとめとして構成しました。

 

これまでのようにデザインの幅を見せることが入口になるのではなく、

出口において広い領域のデザインが見せられること。

これが次のフィールドです。そのためにさらに加速してまいります。

 

土曜日、日曜日には数時間ずつですが在廊予定ですので、

質問などあれば(なくても 笑)ぜひぜひお声がけください。