日本タイポグラフィ年鑑2016 入選

ここ数年、遠ざかっていたデザインコンペ。
今年はスタッフが加わったことで
“動き出す”きっかけが生まれたと感じています。
 
まずは頑張って 笑(とにかく準備が大変…)
タイポグラフィ年鑑の審査にも2年ぶりに応募。
 
結果、VI部門では応募した作品すべてが
入選という嬉しい結果となりました。

関わったデザインをコンペを通して客観的に見る機会は、
評価の視点とはまた違った意味の大切さを感じましたし、
何より今回の報告を本当に喜んでくださる
クライアントさんとの繋がりをより強く感じることができたのは
何事にも代えがたいことだと実感することが出来ました。


春先、年鑑に掲載された折には
またご紹介させていただきますね (oˆᴗˆo)
ご協力いただいた皆さんに感謝いたします。
ありがとうございました!
 
そして次はこちらも遠ざかってしまっている ^-^;
“受賞”もしっかり意識しながら、これからまた
真摯にデザインと向き合っていこうと思います。