アール・ブリュット展について


 

「アール・ブリュット再考2展」が徳島県立近代美術館で開催中です。

※ 同時開催の「第4回 障がい者アーティストの卵 発掘展」は3月3日で終了しています。


アドファーレンでは昨年に続き今年も展覧会の

ポスター、チラシ、サインなど一連のデザインを制作いたしました。

 

今回のアール・ブリュット展はその草分け的存在でもある

「みずのき美術館」の所蔵作品を展示した展覧会になります。

ちなみに美術館のグラフィック全般は菊地敦己さんが担当されています。

 

昨日はみずのき美術館キュレーターの奥山さんのお話しを聞きに行ってきました。

僕自身、仕事を通して関わる中でぼんやりと受け止めていた

障がいとアート、アール・ブリュットという考え方をについて考えさせらる

とても興味深いお話しだったので少しご紹介したいと思います。

 

「アール・ブリュット」を定義することは難しい、と思います。

お話しをお聞きしてそもそもそういう枠組み自体必要なのかということも考えさせられました。

 

アール・ブリュットが「美術教育を受けていない作品」とされる中で

日本画の先生に技術を教えられたみずのきの作り手の作品をアールブリュットという

くくりで見ることに多少の違和感を持つことはあるのかもしれません。

一方で知的障害のある人が作った芸術作品が必ずしも同義語ではないということも

受け取る側としては定義を難解にさせているということもあるのかもしれません。

 

純粋なアート。これ自体、捉え方が難しいですから。

 

ただこれらは受け手の感想であって、障がいを持つ方々と日常を共にする

奥山さんや関係者のみなさんは、作り手である彼、彼女らが

そのことをどのように感じているのかといった別の視点で

とても難しい問題とも向き合っていらっしゃるのだろうと思いました。

 

美術的な価値が障がいを持つ方の背景を含めた作る過程にあるのか、

生み出された作品そのものにあるのか、といった議論もどの視点で見るのか、
関わるのか、その立場や環境でも大きく変わってくる気がしましたし、
少なくともみずのきの作品が障がい者の施設の中で生まれ

技術的にも価値を認められた作品であることを考えれば

もっと広義な、独自の視点で捉えることは出来るのではないかとも思いました。

 

 

様々な課題に取り組みながら過去のアーカイブに加え、
現在は形を変えアートプロジェクトなどを通して活動をされている

みずのきの皆さんの考え方に少しだけ触れることが出来、

とても意味のある時間になりました。

 

 

「アール・ブリュット再考2展 みずのきの色層」

会期は今月10日(日)まで。

入場は無料ですのでお時間のある方はぜひ、足を運んでみてください。
 

 


季節を感じる


家と庭を同時提案する住空間設計の会社からロゴマークのご依頼をいただいたのが約1年前。

定期的にこの場所へ足を運び、季節の移り変わりを感じながら

クライアントさんとじっくり向き合ってきました。

 

今日は「新緑が鮮やかになってきました」という連絡を受けての打ち合わせ。

 

ウッドデッキに出ての打ち合わせは屋根があるから雨は全然気にならない…

どころか、庭池や葉にあたる雨の音がとても心地良く、なんとも贅沢な時間に。

 

雨が逆に良かった。そんな打ち合わせになりました。

 

ロゴ設計に取りかかるのはいよいよこれから。

1年を通して積み重ねてきたことをしっかり着地させたいと思います!

 

 

 

 

 


第2回 障がい者アーティストの卵 発掘展


本日から文化の森の

徳島県立近代美術館ギャラリーではじまりました

「第2回 障がい者アーティストの卵 発掘展」。

今朝早速、行ってきました。

 

作品は絵画、立体、写真などバラエティに富んでいて

どれも美しく繊細で、やさしさと何より

創ることの喜びに溢れていてとても感動しました。

制作時のメッセージもぜひぜひ読んでみてください。

 

今回アート展の制作に関わらせて頂いたことで

徳島県でもこうした取り組みがあることをはじめて知りましたし、

例えば今日も支援学校に情報デザイン科といった

学科があることなどもはじめて知りました。

こうした取り組みを通してもっともっといろんな方に

障がい者の方の置かれた環境などを知ってもらえるといいなと感じました。

 

作品、本当によかったですよ!12日までの開催ですので

お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

 

 


ディレクション脳な日



売り上げを伸ばすのか、商品や企業名を知っていただくのか。
短期で結果を出せるもの、中長期の取り組みで結果を出すもの。
どういったゴールを共有しているか、はとても重要なこと。

綺麗にデザインすれば魔法がかかったように何かが変わるわけではなく、
当然、感覚だけでそこに必要とされるデザインを生み出すことはできない。
だから、目の前のデザインに対してなぜその色、文字、写真、イラストを
セレクトしたのかちゃんと説明ができないといけない、そう考えます。

今日はひたすらディレクション脳な日。

手ではなく頭を使ってる分、息抜きしてるつもりが
ついつい(アツくるしい)語りが長くなってしまいます(;^ω^A 




 

アー写撮影 最終日

「徳島ミュージシャンズフェス2016」撮影最終日。

勉強のためスタッフも同行させての立ち会い。
慣れない仕事にだいぶくたびれたみたい。​頑張れっ( ´ ▽ ` )


 

アー写撮影















今夏開催の「徳島ミュージシャンズフェス2016」
GW期間中はオーディションで選ばれた
アーティストの皆さんのアー写撮影。本格的です!
ポスター、フライヤーといった告知用の
グラフィック制作もいよいよ佳境を迎えてますー。

 

アドファーレン的作業風景

先日のスタッフに負けじと…!?

僕はとある企業様の設計図のようなロゴマーク、ロゴタイプと奮闘中!

緻密さが要求される企業だからこそのアプローチ。
美しさの基準といわれる黄金比なども取り入れながら設計しています。




 

スタッフ作業風景

スタッフ頑張ってるなあ。
(自分もやってたなあと、思わず隠し撮り ^-^)

クライアントさんとのヒアリングで汲み取ってきた
“らしさ” を表現したオリジナルの文字作成。

スタッフはじめての作業もようやくここまできました。
あと少し!一文字一文字丁寧に。



 

本屋



最近はついついポチってばかりだったけど、今日は久しぶりに書店で雑誌を購入。
目にする絶対量は違うけど、偶然の出会いもまた魅力だなと感じたのでした。


 

残暑メリクリ♪


広告の業界に身を置いてかれこれ25年。
制作の現場はとにかく季節感がございません。
今年も残暑お見舞い申し上げる間も無く、
すでに年末の作業が進んでいたりします -^;