佐藤可士和の仕事術


編集デザインで関わらせていただいたデザインノートNo.74
「佐藤可士和の仕事術」が発売されました。


まだ発売数日ですが今月号かなり売れてるそう!

 


昨日は出版記念イベントに参加するため大阪へ。


書籍やテレビ番組などで何度も見たり聞いたりしていた
言葉も直接ご本人から聞くことでその捉え方が
全然違っていたことは大きな収穫でした。


お話の中にもあった、直接見る、聞く、触れる、
体験することの大切さ、得られる情報の質を
体感することが出来た有意義な時間でした。


しっかり仕事にフィードバックしていきますよ((●゚ν゚)

 

 

 


Tokushima ADC展『Design Marche』



Tokushima ADC展『Design Marche

いよいよ明日からです!

TシャツやiPhoneケースなどのグッズを

7人のメンバーがデザインをし一堂に展示。

その場で購入も出来ます!

日時

1024日[木]− 29[水]

10:00−19:00(最終日は18時)

会場

とよとみ珈琲 2Fギャラリー

徳島市末広2-1-42

Tel 088-655-8052(水曜定休)


参加メンバー

大東浩司|岡本一平|杉崎義彦|中野道広

新居篤志|西岡賢幸|藤本孝明 

 www.tokushima-adc.net



 

僕のテーマはズバリ“sweets”

T-SHIRTS

iPhoneケース

・ポスター

・缶バッジ

・メモ etc…



はじめてのことで…ドキドキ、ワクワクです! (*´∀`*)

 

皆さん、ぜひぜひ遊びにお越し下さい〜



 


デザインを伝えるということ


倫理法人会のモーニングセミナーに、講師としてお話をして参りました。


当日は早朝の、しかも足下の悪い中わざわざお越し下さいました皆さん。

本当にありがとうございました!


そしてお声がけ頂きました倫理法人会の皆さん、ありがとうございました!



問題解決の糸口をクライアントさんから引き出すことが

デザインの出発点であり、すでに核の部分に触れているということ。


感動やコミュニケーションを生まない表現やアプローチは

それ自体がいかに美しく洗練されていようとも、

相手に届かない、伝わらない、作り手の自己満足でしかないということ。


今回はそうした表現がいかに世の中に氾濫しているかということも、

わかりやすくお伝え出来たのではないかと思います。




そして僕自身が勉強させて頂いたことも (*´`*)


起業家セミナーの時のように「より多くの事例を見せて欲しい」という場合もあれば

制作会社や印刷会社の時のように「より専門的な表現」に関する要望がある場合もあります。


何を求められて来られるのか、向き合う相手のことを考えながら

どのような内容(構成)で、どのような方法(手段)を用いて伝えるのか。

また、そのためにどういった準備が必要なのか。

試行錯誤を繰り返しながら、これってまさに自分たちの仕事そのものだったり!

伝えるために改めて考え、整理するきっかけになりました!


また、今回のような場で不特定多数の方にお話しするというのは

喋りのテンションに変化(抑揚)をつけたり

アドリブを効かせたり、時間配分を考えたり…

と、これにはもっと経験が必要だなあとも(;^ω^


ちなみに・・・今回時間配分を間違って

準備したけど日の目を見なかった手作りアイテムもご覧の通り!


ま、この子たちにはまたの機会に存分に活躍してもらおうと思いますV^−°



『経営者モーニングセミナー』講演のお知らせ


徳島市倫理法人会 様よりお声がけをいただき、

『経営者モーニングセミナー』の講師として

久しぶりに、お話をさせていただきます。



テーマは

【実例で見る】コミュニケーションを生むデザイン


早朝の1時間弱という短い時間の中ですが・・・ 

私、寝ぼけ眼をこすりながらもデザインをアツく語ります!笑 




徳島市倫理法人会『経営者モーニングセミナー』

515 火曜日  600700

サンシャイン徳島アネックス

徳島県徳島市南出来島町2丁目9

参加無料


どなたでも参加できるようですが、朝の6時からということで

まずは早起きの出来る方に限られますっw(゚▽゚*)


フェイスブックのページはコチラ

→ 徳島市倫理法人会『経営者モーニングセミナー』



デザインが生みだすコミュニケーションについて実例を交えながらお話します。

より多くの方にデザインに触れる” きっかけになってもらえればと思っています。

皆さんのご参加をお待ちしております〜!\(^ー^)



なみに・・・

はじめてデザインについてお話をさせていただいたのがおよそ6年前。

その当時の様子がうかがえるブログがコチラ

こうした活動は、僕自身がデザインを客観的に見つめ直し

整理する良いきっかけにもなっています。

また、出会いを通じて逆にたくさんのことを学ばせていただいています。

こうしたご縁をもっともっと大切にして行きたいですね!(*^▽^*




反原発ポスター展 No More Fukushima



先週より東京で開催されている『反原発ポスター展』に作品を展示参加しています。 


反原発ポスター展 No More Fukushima 

会期:20111116日(水)- 1125日(金) 

会場:桑沢デザイン研究所1階大ホール(東京都渋谷区神南)

入場無料



東京まで観に行くことが出来ない、という方にも・・・


こちらのサイト[ポスター作品のページ]からは全国、海外から寄せられた
240点以上ものポスターをご覧頂くことが出来ます。


※50音順ページ、私…【あ】行ではなく【た】行に掲載されています…( +_+)




ポスター展 キズナ〜 Pray for JAPAN 〜


3.11
の震災から約3ヶ月が経過し、その記憶も当時のような衝撃的な記憶としてではなく

深い場所で留まっているような、そんな記憶になりつつあります。


極端な自粛ムードが緩和され、経済活動も徐々に循環しはじめていることは

少しずつ前へ進んでいることを示しているのだと思います。


そして今更ながら、この普通に生活することはとても大切だと感じています。

ただそれは、感謝であったり。備えであったり。

普通の捉え方自体は 3.11より前と後とでは決して同じではないそうも感じています。


現実問題として今も 311日以前の普通の生活を

取り戻すことが出来ずにいる方々がたくさんいらっしゃいます。

そのために支援活動を継続されている方もたくさんいらっしゃいます。


今回のキズナプロジェクトもそうした継続を

目的とした活動のひとつだと僕自身は捉えています。


50点の作品が直接的に被災地や被災者の方に何かを届けられるわけでも、

生活を大きく変えることが出来るわけでもありません。

ただ、こうした活動を通して記憶を継ぐという役割を担うことは出来ると思っています。


被災地が普通を取り戻すには、きっとまだ永い時間を要するはずです。

凄惨な記憶を呼び起こす事ではなく、振り返って悲しむのでもなく。

ただ出来るだけ永く、多くの方々に自分たちの出来ることで

メッセージを発信していくことが出来れば、そう考えています。



---------------


ポスター展 キズナ〜 Pray for JAPAN


2011年6月23日(木)〜26日(日)

10001700(最終日は1630分まで)

徳島県立近代美術館  1階ギャラリー

観覧無料


‎311日の大震災で疲弊したすべての人々に向けて、復興への願いをポスターに託します。

JAGDA徳島支部会員の他、県内で活躍する有志デザイナー約30名による約50点を展示。


---------------



お時間のある方はぜひ足をお運びください。


ちなみに私も 624日(金)午後13301700まで会場の方に居りますので、

お越し下さった方でブログを見た!という方がいらっしゃいましたら

ぜひぜひお声がけくださいませ!(*^▽^*)




野外ポスター展 2011 “KIZUNA”


昨日開幕した『はなはるフェスタ2011』も残すは今日23日と明日24日の2日間となりました。
今年は僕も野外ポスター展に出展。例年の“観る側”から“参加する側”として関わる事が出来ました。

14回目となる今年の『はなはるフェスタ』は東日本大震災の復興支援を目的に開催されています。 
野外ポスター展でもテーマを“KIZUNA”(絆)とし復興を支援するチャリティイベントとして開催。 
僕も今年はそうした主旨に賛同して県内のクリエイター有志として参加をさせて頂きました。 

自分たちの出来ることを形にする、発信する、行動するということは大事なことだと思います。 
 

先日テレビでこんな言葉を耳にしました。 

眼は臆病で手は鬼になる

三陸の漁師町に昔から伝えられている言葉だそうです。 

目で見ると怯えて不可能に思えてしまうことも、手を動かして前へ進むことで可能になる。 
ただ見ているだけでは何も解決しないし、頭で考えているだけでも何も変わらない。 
とにかく手を動かすこと、発信してみること、行動してみることで、何かが変わる。 

自らを変えていくことできっと周りにも変化が生まれるはず。 
他人を変えるよりも自分を変えることの方がずっと簡単なはずですから。 


さて、今日と明日、お時間のある方は『はなはるフェスタ』に出かけられたその足で、
ぜひボードウォークの野外ポスター展へも足を運んでみてください。




日本タイポグラフィ年鑑2010ベストワーク賞 受賞!


日本タイポグラフィ協会の年鑑コンペティションにおいて弊社作品が入選。
今年はその中からさらに優秀な作品に贈られる「ベストワーク賞」を受賞いたしました!

協会関係者の皆さん、大変お世話になりました。


4月16日と17日の2日間、東京国際フォーラムで行われる表彰式のため上京。

協会や受賞者の方々との交流。そして地方でも同じように頑張っている同志との出会い。


さらには東京でしか見られないデザインイベントや美術館、ショップなどなど…
大いに刺激を受けた2日間となりました。



東京ミッドタウンで行われていたデザインハブ企画展 では徳島からの展示物もあって
とてもうれしくなりました!

地方が発信するクリエイティブ。「そこにしかないもの」の良さを再認識すること、
改めて考えてみる必要があるのかもしれません。



※表彰式の写真は、当日知り合った同志[トリプルコージ]の一人、
  大阪のCO'SY DESIGN STUDIOの佐藤さんからいただきました!
 (トリプルコージについては佐藤さんのブログ参照! 笑)